国民投票が法律にないのは、違憲でしょ?

Excite エキサイト : 政治ニュース

戦後、新憲法ができてから一度も憲法に定められている国民投票が具体化されることはなかった。
つまり、憲法をまじめに遂行しようと言う気がなかった訳ね。

憲法ってなんかものすごい法律であるかのように思っている人が多いが、国会議員以外それほど関係がないのである。
一般市民においては刑法や民法商法や民事訴訟法・刑事訴訟法を知っていることの方が意味がある。
弁護士も憲法論を振りかざすタイプの人は全く駄目弁護士で、裁判所に憲法判断を迫りだしたらまずは勝てないと思った方がいい。
まれに憲法判断がまじった判決も出るんだけど、本当にまれだと思った方がよくて、ちょっとした訴訟で憲法を持ち出すようなタイプの弁護士はアホです。
もっとも訴訟自体が目的であって勝つことが目的でなければ関係ないんですけどね。

憲法はマニフェストとしての役割は終えたので、9条を改変することは必然でしょう。
もし、共産党の支持者なら、改憲できるようにしなければ皇室制度を無くすという共産党の目標は永久に実現できません。
つまり、国民投票に共産党が反対すること自体、自らの目標を嘘だと言い切った行為なのである。
[PR]

  by kimikaki2002 | 2007-03-15 15:43 | 政治

<< 英国も核抑止力は必要だと考えている。 もう謝罪は必要ない。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE