棄却でしょ

Excite エキサイト : 社会ニュース

毎度、あきあきしますが、この手の裁判の目的は裁判をすることであって勝つことではない。

国に対して起こす裁判では勝っても負けてもうける側、つまり被告である国は裁判費用も賠償金も全部税金である。

原告が勝つと言うことは税金が支払われると言うこと。

よほど公平だと思われる訴えでなければ、裁判すら受ける必要はないと思う。
[PR]

  # by kimikaki2002 | 2007-03-09 17:48 | 法律

民主と社民に協力を要請した時点で負けだね。

Excite エキサイト : 政治ニュース

野党が一緒になって一人の候補を持ち上げるのは、辞めるんじゃなかったのかなあ?
そもそも、社民党と民主党とでは政治ポリシーが違うし、共産党は負けて供託金も没収されても候補を出す金持ち政党だ。いや、無駄金を平気で使う政党だ。
共産党の場合、個人の自腹ではないので痛くもかゆくもないからがんがん候補を出す。
こんな政党に税金を預けるわけにはいかんなと普通なら思うよね。

民主と社民では同じ左翼でただの批判政党だとしても、一緒になって一人の知事を持ち上げることはほとんど無理だ。
沖縄で負けた時に辞めると言ったと思うんだが。

浅野候補では無理なのは「全国から石原都政はもう嫌だという声が聞こえる」と言っているが、選挙民は都民だろうが!
都民から見たら、教育を蝕む日教組を支持母体とする民主党候補はこりごりだと思うがね。
[PR]

  # by kimikaki2002 | 2007-03-07 22:11 | 政治

スピリチュアルカウンセラー

最近、ちまたにあふれ出したのはスピリチュアルカウンセラーという職業だ。
日本語に訳すると霊能力者である。

霊能力者っていうと、ギボ愛子さんが有名だったが、一言で言うとインチキである。
もともと「霊」というものは目に見えるものではない。
見えていると脳が感じているだけであり、視覚に反応するような物質が「霊」として存在しているという事実は全くない。

ただし、概念というか脳の中には「霊」という存在はあってもかまわないと思っている。
「霊」が脳内に存在するだけで都合のいい場合もたくさんあるからだ。

だが、それが見えるとなるとただのインチキであって、思いこみの世界である。
人の脳は思いこみで見えないものも見えると錯覚するようにできている。
それを見ることでその人の宿命や運勢を見ることができるなんてのは占いでよく使われているコールドリーディングの技術だろう。

テレビで相談者が涙を流して相談するような場面がよくあるが、よくよく聞いてみると過去の情報や会話から類推できるようなことばかりである。
ときおり、何でそれを言っているのかというようなことを当てたりするが、調べれば解ることも多い。
特に有名人ならなおのこと容易だろう。

最近ではスピリチュアルカウンセラー養成学校まである。
http://big-tree.bz/spiritual_counselor_kouza.html


霊を見たら本来の自分が見えて今の仮の自分から変わることができるという宣伝文句もある。
これは自己啓発セミナーや宗教の勧誘で必ず使われるキーワードの一つだ。
「今の自分は自分に素直じゃなくて、本来の姿を見失っています。あなたが本来心に持っているダイヤの原石は世の中の様々な制約や常識のとらわれて曇っているのです。そのこびりついたアカを取れば本来の輝きを取り戻せます」
これはある自己啓発セミナーで言われた言葉である。

これは大きな嘘があって、人の本来の姿なんてないのである。
なぜならば人の精神も肉体も常に変化している。
変化しない存在はこの世にはない。
特に人の精神ほど変化しているものはないでしょう。
誰だって、好きだった人を嫌いになる時ってあるでしょう?
仲のいい夫婦が離婚したりするのも精神的な変化が必ずある。

人の不安定な状態さえ見抜けば簡単に霊視なんてできます。
要は人の良さそうな笑顔で弱みにつけ込める人間ならスピリチュアルカウンセラーになれます。
[PR]

  # by kimikaki2002 | 2007-03-05 21:05 | 生活

平均寿命

平均寿命ってのは、その年に生まれた0歳児の平均余命のことを指す。

世界中では、普通に生きられない子供の場合、機械や薬がなかったり、両親にものすごい負担がかかる場合、医療制度が充実していない場合などで生後まもなくであってもやむなく死なせてしまうこどもがいる。
その程度が世界中で全く違うのだと言うことを念頭に置くと、平均寿命というのがまた違って見えてくる。

つまり、子供が死ににくい国では平均寿命が飛躍的に伸びると言うことであり、日本はどんな命であっても生まれてきたら助けるという精神が強い。

また医学の進歩と同時に医療制度がどのような人にでも手厚いということでもある。
平均寿命は戦前は40歳代だった。
これは40歳代になったら大半の人が死んだと言うことではなくて、子供の死亡率が高かったと言うことが一番の原因で、新生児が3割くらい死ぬのが当たり前だと平均寿命が極端に下がる。

子供に対して将来、親の負担が大きすぎると考えてしまうような国では、わりと間引きが多い。
たとえば、韓国では先天性の障害児の数が異常に少ない。
障害者として生まれた時点で解ったら、捨てるか始末するのが普通のようだ。
これが悪いというわけではない。
そういった考え方もあるわけで、中国や韓国などの儒教意識が強い国では子供よりも親を優先する。
平たく言えば、子供は親の犠牲になっても親が生きていれば子は作れるという考え方だ。
中国人や韓国人にそんなことを言ったら、面と向かって反論されるだろうけれども歴史的には間違いではない。

欧州でも3歳児くらいまでは人間ではなくてものとして子供を扱っていた。
生まれたばかりの子供は袋に入れてぶら下げて育てるらしい。
これはすぐに子供は死ぬから情を持ちすぎないようにするためだとか。本当のところは解らないが。

平均寿命とは、子供が死ににくい数字だと理解した方がいいでしょうね。
平均寿命が低いから産めよ増やせよと言う風潮になるわけです。
なかなか死ににくいので、一人あたりの投資効率が上がっているのでしょう。
753を祝うのは3歳まで生き延びてくれてありがとう。
滅多に生き延びてくれないから。
7歳まで生き延びたら、なんとか大人になるまで生きるだろうとの経験則だった。
いまや、どれだけ着飾らせるかという子供の品評会になってますが(笑)
[PR]

  # by kimikaki2002 | 2007-03-02 21:06 | 政治

スカイフィッシュの捕まえ方

先を越されたというか、あほらしさ爆発ですな。
http://www.skyfish-maniax.com/

スカイフィッシュを知っていないと何のこっちゃわからんネタだけど、こんな感じ。
http://homepage1.nifty.com/kasatosi/column119.html
http://www.crc-japan.com/research/skyfish/

透明な棒状の体を持って、ひれのような羽を使い猛スピードで空中を飛ぶ生物だそうだ。

ところが、すでにこれはモーションブラー効果というやつで蠅がスローシャッターのビデオカメラの前を飛ぶと棒状に写るというだけのことだ。
だから死体も見つからないし捕獲もできないわけだ。

それを大まじめに「フライフィッシュ捕獲の達人」を探し出してインタビューを試みているのだから、あほらしさこの上ないw
UMAの正体の大半は映像機器のトリックや誤認によるものですから、それを知っていて騒ぐことはねつ造ではなくてシャレになります。
UFOに宇宙人が乗っていたり、ネッシーなども同じですね。
科学的には簡単に否定できるものでも、人は見たいいて欲しいと願うようです。

同じように世界は正しい方向に向かうのではなくて、面白いこうあって欲しいと思う方向に進みます。
たとえば、憲法9条が平和を実現するというのは科学的には全くあり得ない話で、知性を持って考えればあほらしさこの上ない。
しかし、そうあって欲しいと思う気持ちが人を間違った方向に進めることから、未だに憲法9条を守りましょうなんて主張が後を絶ちません。
共産主義を信じたい人たちもオウム真理教を信じたい人たちも同じように自分にとっての都合のいい社会を来て欲しいと願っているから、信じてしまうわけです。
客観的には共産主義社会は来ることはありませんし、麻原ショウコウは神ではないので死刑になります。
[PR]

  # by kimikaki2002 | 2007-02-26 21:07 | エンタメ

多分、不起訴か起訴猶予の気がする。

Excite エキサイト : 社会ニュース

淫らな行為って、みんな淫らなんだから別にかまわないんだし罪じゃないんだよね。
要は強制かどうかと言うこと。

たとえばAVではありとあらゆる「淫ら」が存在するけど、強制じゃない限り、犯罪にならないでしょ?

今回の件も、被害者が被害届を出したから書類送検しただけで、義務なだけ。
本当に被害者ならべらべらと何やられたかなんて、話せないよ。
なおかつ、話してる内容が変節しまくりでは公判を維持できないんじゃないかな?

まず、起訴猶予が妥当だとは思うけどなあ。

つーか、こんな馬鹿女と金払ってまでやる山本のアホさ加減はある意味、罪だけどね。
[PR]

  # by kimikaki2002 | 2006-08-30 02:32 | 法律

亀田大毅の試合はつまらない

Excite エキサイト : 芸能ニュース

亀田大毅の試合の視聴率が4%台だったという。
もうそれはしょうがない。
亀田興毅の試合が駄目駄目だったからでしょう。

そのうえ、大毅の相手が弱すぎますね。
インドネシアチャンプという肩書きなのに、何もできないうえにボクシングさえできない。
これで数字を取れるという考え方自体、おかしいでしょう。

もう亀田人気は終わりで、大晦日まで持ちません。
しょうがないですね。
テレビは格闘技ファンの心情を読めませんから。
[PR]

  # by kimikaki2002 | 2006-08-25 00:05 | エンタメ

朝日はどうしても戦前に結びつけたいのね

Excite エキサイト : 社会ニュース

読売新聞の情報源を開示しなさいとの裁判所の判決が出た。
即座に朝日新聞が社説でキチガイ電波を発信。

取材源秘匿 裁判所のあきれた決定

 人々の知る権利と、そのための取材・報道の自由は民主主義の基礎だ。国家が情報を統制した戦前のような社会はまっぴらではないか。

 そんな常識を真っ向から否定するような決定が東京地裁で出た。読売新聞記者が取材源について証言を拒んだことに対し、「情報源が公務員で守秘義務に違反するような場合は、証言拒絶は認められない」と判断したのだ。

 争われていたのは、米国企業の日本法人が所得隠しをしたという記事についてだ。米国企業が米政府を相手取って提訴し、米側が東京地裁に尋問を嘱託した。

 決定はまず、新聞記者に取材源を尋ねることは民事訴訟法にいう「職業の秘密の尋問」に当たり、例外的な場合を除いて証言を拒めると述べた。だが、守秘義務と罰則を定めた国家公務員法に違反するような場合には、この例外に当たるとした。公務員から取材した場合には、情報源の秘匿を認めないというのだ。

 これだけでも驚くのだが、決定はさらにとんでもないことを述べた。

 情報源の開示によって公務員から協力を得にくくなっても、「法秩序の観点からはむしろ歓迎すべき事柄だ」というのだ。「刑罰法令で開示が禁止された情報について、公衆は自由な流通に対する適法な権利を有していない」とも述べた。国民の知る権利を軽んじている。

 この決定に従えば、官庁が国民に知らせたいと思う情報だけが発表される。それ以外の情報を取材したり、知ろうとしたりすることが難しくなるだろう。

 記者の代理人の弁護士は「これでは、大本営発表だけを報じていればよいと言っているのに等しい。国民主権と報道の自由への理解を欠いている」と述べた。決定が確定し、なおも証言を拒めば、罰金や拘留を科される。

 形式上は法に触れるように見える行為でも、公益性などがあれば正当な行為とされうる。そのことを決定は忘れている。最高裁は外務省秘密漏洩(ろうえい)事件で、次のように柔軟な判断を示した。

 「国民の知る権利に奉仕する報道の自由は民主主義社会において特に重要だ。報道機関が公務員に根気強く執拗(しつよう)に説得や要請を続けることは、報道目的で手段が相当として是認される限りは、違法性を欠き正当な業務行為というべきだ」

 沖縄返還に際して400万ドルを日本が肩代わりをするとの日米密約の存在は、00年と02年に見つかった米公文書や当時の外務省局長の最近の証言ですでに明らかだ。ところが、政府は今も「知らぬ存ぜぬ」と言い続けている。

 残念ながら、政府は国民に対し、うそや隠し事をする。報道機関はそれを少しでも明らかにしたいと思っている。それには、公益を考える良心的な公務員の協力が欠かせない。

 高裁は形式的な論理ではなく、歴史的に培われてきた国民の知る権利や言論の自由を踏まえ、深みのある判断をしてもらいたい。



知る自由はあるが報道する自由は制限されているのが当たり前なのだ。
なんでもかんでも国家機密まで情報漏洩していいというわけではない。
であるなら、公務員はなんでも漏らしていいことにもつながる。
その線引きをしているのだから、別段かまわない。


一番、この社説のキチガイじみていることは、司法と行政は全く独立しているので、司法の判決が出たからと言って大本営発表にはつながらない。
内閣府が今回の判決のようなことを全て独自で決めているのなら大本営発表であろうが、司法なのだから大本営発表にはならない。

情報源の秘匿と言うが、捏造を好き勝手にできなくなるんだと言うのが本音でしょうね。
[PR]

  # by kimikaki2002 | 2006-03-16 16:45 | 法律

信憑性って、おい!

Excite エキサイト : 政治ニュース

信憑性を高めたいと言うが、もともとガセネタであったのに信憑性をもたせたら、捏造でありいいがかりじゃないっすか?

もう、鳩山さんも一緒に入院して脳内を検査してもらってはどうでしょうか。
[PR]

  # by kimikaki2002 | 2006-02-24 10:52 | 政治

上場廃止は難しいが。。。。

現代ネットでは上場廃止になりにくいとの見方が出ていた。
簡単に言えば、ライブドアには現ナマが大量にあるから、上場廃止できないとのこと。

さて、そのキャッシュは本当にあるのかという疑惑がつきまとう。
もし、キャッシュの総額も粉飾されていたら、あっというまに上場廃止だろう。
つまり、この前提はライブドアの会計は嘘ではないという事の上に成り立っている。
非常に危険な賭ではあるが、粉飾が確認されるまではマネーゲームが激しさを増すだろうな。

ライブドア 上場廃止にはならない!?

マネーゲームは続く

 16日夕方の強制捜査からわずか1週間で逮捕という、異例のスピードで事態が進むライブドア問題――。堀江貴文社長、宮内亮治取締役ら4人が逮捕された23日、東証は上場しているライブドアグループ6社のうち「ライブドア本体」と「ライブドアマーケティング」の2社を監理ポストに指定した。
 監理ポストは本当に上場廃止にすべきかどうか、結論が出るまで一時的に置いておく役割を担っているが、上場廃止が決定的かというと、これがそうコトは簡単ではない。
 今回、監理ポスト送りになった理由は、「公益または投資者保護の上での問題」。「債務超過が2期続いた」「特定株主の持ち株割合が基準を超えていた」「株主数が基準を下回った」などといった具体的かつ客観的な基準ではなく、極めてあいまいな“包括基準”だ。
 しかし、22万人の株主から短期間に換金の場を奪うには、「明確な理由と、相当期間換金期間を設定すべき」という取引所のスタンダードからすると、「この包括基準での上場廃止の可能性は低い」(市場関係者)という。
 通常、市場から突然退場を余儀なくされる会社は、監理ポストに置かれている間に信用不安から資金繰りが破綻して倒産する、もしくは債務超過になるなど、みるみるうちに“客観基準”に抵触してしまうというのが過去の通例だ。
 ところが、ライブドア本体単体はなんと自己資本比率が98%と、借入金どころか買掛債務すらほとんどない。現預金は456億円もあり、これは4年半分の売上高に相当する額。グループ全体では957億円ものキャッシュを持ち、ちょっとやそっとのことでは債務超過にはならない。
 マザーズ上場のこの2社は、時価総額が5億円を下回れば上場廃止だが、ライブドア本体は発行済み株式総数は10億株もあるので、株価が基準最低ラインの2円になっても基準に抵触しない。ライブドアマーケティングも62円以下にならないと抵触しない。
 1日60分に限定されたライブドア株取引。簡単には上場廃止にならないとなれば、交錯する思惑で相場はなおも荒れそうだ。【伊藤歩】

[PR]

  # by kimikaki2002 | 2006-02-06 20:28 | 政治

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE